スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルガー SP101完成品

PSYCHO-PASS、夏に1期の新編集版10月に続編TVアニメ冬に劇場版とかすごい勢いじゃないですか!やったー!
2期で下地作って、劇場版でシビュラ崩壊とか!?
狡噛さん出るならまたSP101使うかな。それとも1回海外逃亡とかしてたなら、もっといろんな銃出るのかな?
1期では、サイコパスにおける銃の扱いは、シビュラシステムに判断を委ねるドミネーターとの対比で、”自分の意志で相手を殺す為の道具”として描かれていてすごくグッときました。

個人的にはシビュラ崩壊まで観たいですが、単に今すぐ武力で打倒しちゃっていい悪のシステムというわけではないし(それやっちゃうと朱の葛藤が無意味に)、話はどうなるんだろう。
脚本の虚淵さんが真面目な人だから、ちゃんと最後まで描こうとすると無茶苦茶長い話になりそうだけど…。


それはそうと、来週末14/3/30のビクトリーショーに出店するため、一番上の案内ページを修正しました。

案内のためと、あとfgとTINAMIに原型の写真しか上げてなかったので、WF前日徹夜で仕上げたSP101(バラせるようにヨーク抜け止めピンのみ未装着)の写真を撮りました。仕上げ直す余裕はなかった。
ちゃんと撮影するとアラが見える…。

今まで作ったモノはfgやTINAMIにだけしか写真を載せてなかったりするけど、fgも一回大混乱してたし、確実に情報が載ってるページとしてこのブログか他のWEBスペースにちゃんとページを作らないと…。

ということで、取り合えずTINAMI用に撮った写真をこっちにも並べます。

左側面。
SP101_11.jpg

右側面。刻印は全部こっち。
商標とかありそうなので、一応メーカーロゴは無し。
SP101_12.jpg

スイングアウト。
シリンダーのシャフトをプラ丸棒鋳込み、ヨーク及びフレームの穴は注型時に金属のピン鋳込み→引き抜きで作っているため、部品状態で精度がある程度出ており、スムーズに動きます(バリ取れば)。
SP101_13.jpg

スイングアウト上方から。
SP101_14.jpg

技研さんのドミネーターと比較。
SP101_08.jpg

マルシンさんのチーフと比較。
SP101は357Mg対応でちょっと大きい。
SP101_15.jpg

部品構成。
マスキングテープは中にマグネットが入ってます。
ヨーク抜け止めピン用の2mm穴及びマグネット仕込む場合は3mm穴をあけるドリルが必要です。
SP101_16.jpg

ホーググリップ装着時。
制作時のゲージに使ったので、キットでもサイズは合うようになってます。
SP101_17.jpg

シルバーはタミヤサフの上からキャロムのチタニウムシルバー吹きっぱなし。
この塗料は、乾燥の早さと塗膜の硬さは感動的ですが、質感がちょっと…。廉価なエアガンのシルバーを再現してる感じに。あとちょっと厚塗りしすぎた。
グリップは黒キャスト素地に、真ん中のパネルを除いたゴムの部分にスーパークリヤーつや消しかけました。
実銃ではワンピースグリップなので、本当はグリップ中心線のつなぎ目消すと良いかも(パーティングラインはあるだろうから完全に消しちゃうのも変ですが)
薬莢のリム・ネジ等細かい部分は適当な塗料筆塗り。

マグネットをシリンダーの回転止めに使いましたが、効果は微妙でした。キットには一応付いてきます。ヨークは予想外に精度が出たので、マグネット無くても割ときっちり閉まるためマグネット仕込んでません。

さあ、SP101再生産しないと…!
スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

uni06(ユニカ)

Author:uni06(ユニカ)
写真はクリックすると大きくなったりします。

連絡・ご意見・ご感想等は
m6unicaあっとまーくyahoo.co.jp
(あっとまーくを@にしてください)
へお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。